自分の芸術を見落とさないように

夕方、窓辺にておちょこを並べて遊びました。

これは昔リサイクルショップで買ったもの。

 

f:id:miss_quiet:20200509225641j:image

 

 

f:id:miss_quiet:20200509225655j:image

 

 

f:id:miss_quiet:20200509225921j:image

 

 

なんか気になっちゃって、50円とか100円とかなんですけど笑。

私はあんまりレトロ風とか好きじゃないんです。

古いならほんとに古いのがいいなあ。

机もたまたまいいなと思ったのが明治時代のでした。

でも、平じゃないんですよね〜笑。

 

夕方に書いた記事の内容を、なんか恥ずかしくなって消してしまいました。

たまにやってしまいます。

私の生活について、自虐的であるとか、憐みを乞うかのように思われてはなんと恥ずかしいことか…という思いが出てきて、しかし、日々の小さなことや、見える景色について書くのが好きなので、あまり心配せず読んでもらえるように書きたいなぁと思ったり、です。

 

確か、部屋を選んだときのことを書いて、私は金額の上限がもちろん最大の条件なんだけど、直感と日当たりが大切だった、というのをさっき書きました。(なんか足されてる)

それで、太陽が部屋の一日をドラマチックにうつす、と書いたと思うのですが、そこだけ気に入ってたな、と思って 笑。

さくさくと消してしまうと、自分のささやかな芸術を見落としてしまいます。

気をつけなきゃいけないや。

 

そういえば、真向かいの木はハナミズキだそうです。

先日通行人が話しているのを、開け放った窓から聞きました。

全然違ったー笑。