音楽と言葉とまぶたの裏の世界 

Karin's Wonderlandのブログ

小谷美紗子さんの歌

ブログのタイトルとサブタイトルを逆にしてみました。

Karin's Wonderlandです。

もう少しのんびりいろいろいじろうと思ったのですが、すぐに解決できない課題を増やすことになるのでまた今度にします。(やってくるかわかりませんが)

 

三連休は見事に引きこもりでした。

三連休に気づいたのも金曜日の午後、仕事中でした。

気に留めていなさと友人との約束のしなさが目立ちます。

 

年齢のせいもあるのか、先週は日曜日の夜のライブの疲れを一週間引きずりました。

あといつも思考がにぎやかなので、夜にそれらが開花してしまいます。

それで眠れなくて、朝に身体が重いです。

よっこいしょ!

 

お休みの間は体調もあってあまり動けなかったのですが、Youtubeでいろいろ海外や日本の自主制作アニメーションやショートアニメーションを鑑賞しました。

ああ、観るのも楽しいなあと思いました。

こんな表現方法もあるのか、と。

SNSばかり見ていると、説明的なものに慣れてしまう気がしますが、え?どういこと?みたいな作品もあって。

でも今どきはコメント欄に視聴者が解説を書いているんですね。

つい不可解に感じるとそれを読んでしまう自分がいました。

わかって安心したい気持ちが勝ってしまう。

一方で、「これはこうです」ではない表現にも安心したかった。

明確さが絶対の正解ではない、不可解であれる表現に癒されたかった。

そんな矛盾に満ち足りた芸術鑑賞。

 

そして、新しい音楽を取り入れました。

その一枚、小谷美紗子さん。

先日のライブでお客さんにCDをいただいたのですが、そのうちの一枚です。

大貫妙子さんが好きなら好きかも、と。

歌詞カードを最初に読んで、言葉がストレートで、鋭くて、どんな歌なんだろうと思いました。

歌を聴くと印象が変わって。

 

f:id:miss_quiet:20200224215908j:plain

 

レビューらしいことも書けないけれど、好きです。