それがすごく知りたい

今月はライブの回数が多くて(私にしては)不安もあり、希望もあります。

この一ヶ月、私は不安にかられ希望もなくさずにいられそうな気がしています。

忙しくて寂しさも感じなくて済むのなら、忙しさも味方につけたいです。

やるしかないのなら、不安も味方につけたいです。

睡眠をけずらない程度に、人への優しさを忘れないように、日常の当たり前のことを疎かにせず過ごせたらと思っています。

 

先日のライブが楽しかったのは本当だし、周りの人が応援してくれました。

嬉しいことは素直に喜び、また、ありがたい言葉は常に冷静に保存していきます。

動画を見たらテンポがひどすぎてああ〜!と。

昨夜はひたすらメトロノームでの練習でした。

心臓の鼓動と関係があるのでしょうか。

緊張しまくっているからね。

呼吸の訓練も繋がっていることだ。

歌うだけとも、ピアノだけとも違う身体のバランスがあると思うのです。

 

それから、昨日は友人知人にライブがあるんだと連絡をしました。

苦手なんですけど(断るときの気遣いもよくわかるので)自分から声をかけないといけないな、とも思います。

遠慮もするし気も遣うけど、知らせないと知ってもらえないことだから。

これまで、声をかけたことで来てくれた方もいました。

そういうときって本当に心から嬉しいです。

頑張ろう!!って思える。

でもそれ、ステージで伝えられてたかな?と思うと、できてなかったかも。

心から嬉しい気持ちが、もっと伝わるようにパフォーマンスしたい、今月は。

それが私の仕事でっせ。

 

歌も演奏も不完全だけど、同時に、ステージにあがったら完全にならなくてはいけない。

それは、自分の出番だから。

それに私がやっているのはオリジナルだから、どんなパフォーマンスであっても、これが私じゃ!とやり切らないことにはまだその道を歩けていない。

私は応援してもらったり、盛り上げてもらうために素敵な言葉をかけていただくけれど、ほんとうは私が提供しなければいけない。

ほんとうにそれができているとは、どんな状態なのか。

私はすごく知りたい。