春はもう少し歩いたところに

昨夜は、お正月に訪れた居酒屋さんへ再び。

久しぶりに四杯もお酒を飲みました。

でもゆっくりのペースだったからか、今日は二日酔いになりませんでした。

たまにはお酒を楽しみたいですからね。

それと、友人たちとの時間を。

良い時間を過ごした気がします。

私は時々聞き役に徹してしまうのですが、昨夜は自己開示をできた気がして。

思ったとおりに伝わっても、伝わらなくても、みんなの中でどんな存在であろうと、私も自分を知っていてほしい。

それから、みんながどんな人であるか知りたい。

でも、知ることも、知ってもらうことも、私にはとてもエネルギーのいることです。

楽しかった分、疲れるのもほんとうです。

ただそれは、悪いことじゃないのです。

 

 

それから今日は、また午後に散歩をしました。

 

f:id:miss_quiet:20200126154108j:image

 

f:id:miss_quiet:20200126154122j:image

 

f:id:miss_quiet:20200126154146j:image

 

f:id:miss_quiet:20200126154208j:image

 

気の早い雪柳がぽつぽつと葉のない木に咲いていました。

春は、もうちょっと先。

桜の咲く様子や、雪柳の匂いを想像しました。

もう一月も終わりに向かっているのですね。

春にはもっと賑やかでしょう。

 

自分が大切だと思う人に届けたい写真を、その代わりに時折ここに展示します。

大切というのは、ややおこがましいかもしれません。

それもまた、私が勝手にあたため続けている気持ちかもしれません。

そんな、記憶の静けさの中で、ようやく暮らしているような毎日。

冬は冬を満喫して。

春頃には、私ももう少ししゃきんとしていたいものです。