音楽と言葉とまぶたの裏の世界 

Karin's Wonderlandのブログ

土曜日のアンドーナツ

子供の頃の家族旅行からいつもそうでした。

また今回も私の心はまだここ(京都)に戻らないのです。

東京にお出かけしたまま。

そのおかげで今日もほんとうにダメな一日を過ごしました。

 

運動をしてポジティブ思考になりたかったけれど、そもそも頭痛で動けませんでした。

世の中の常識や、ありふれたきらめくセオリーを思えば思うほど自分を責めるので、置き去りにして。

自分の感じるまま、霊感じゃないけどなんかおかしな心地おかしな感覚に身を委ねて、へこたれて波の上に浮かびました。

溺れそうになると、泣きながら目が覚めました。

 

私は知っているのです。

ここがどこであっても、私はどこにいたって、「寂しい」ことを。

「不安」なことを。

自分がそういう人間であることが、もう憎らしくも感じませんでした。

 

 

 

ところで、旅行の間この曲ばかり聴きました。

倉橋ヨエコさんの『アンドーナツ』です。

こんなふうに歌いたい!と思いました。

この方の『夜な夜な夜な』も好きだけど、多分女の人にモテる曲な気がするのです。

女性シンガーの客席が女の人ばかりだったら、すごく素敵ですよね。

ユーミンがそのモデルでしょうか。

私は空想の世界を紹介するためと、女を励ますために何か作りたいという気がしています。

私が女だから!

 

アンドーナツ

アンドーナツ

  • provided courtesy of iTunes