雨の音が聞こえる

雨の音が涼やか

気温も下がった

窓を開けたから とてもよく聞こえる

そうか 窓を開けていられるのだな

 

ちょうどこのくらいの雨が

私の歌のイメージに合う

 

夏至はとうに過ぎたのだった

お盆も終わったのだ

日が短くなった

この間までの光はどこにいったんだろう

廊下で踊っていた光は?

子供たちみたいだった

 

一週間くらい前の時間を

昔のように思い出す

戻らないという点は

一秒前だっておなじだ

 

気持ちが気温のように穏やか

身体が思うように動かないだけかも

疲労という波の上で

たぷんと浮いている

 

 

f:id:miss_quiet:20190922142515j:plain